--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.02/08(Wed)

【2012年冬 忍ミュレポ】其の弐 

長い……まだ終わってないとかwwwww
もうすぐ初日迎えてから一月経つよもう!!!

ただ単に、いっぱい書き過ぎなんだよねwwww分かってるさ……


まだ頑張るよ俺!!!
これが終わったら、春凛さんに貢物描くんだぁ!!!!動画作るんだぁ!!!
忍たまもヘタリアも動画ストック増えて来ちゃったよどうしよ!!?


とりあえず、忍ミュレポ踏ん張りましょう。

って事で、続きからどぞ。






さて、続き行きますよ?


・救出へ向かう先生
竹谷が一人で一年救出に向かい、それを止めようと追いかける久々知を見送ってから、か見て側から現れた土井先生&山田先生。

土「まぁ、アレがアレですからね!」
山「ソレは、ソレだ」
土「アレですか」
山「……ソレだ」
土「では、行きますか!」

何すかこの熟年夫婦みたいな会話wwwwwwwww
でも残念ですが、今年で結婚生活30年を迎える私の親でもこんな会話は成り立ちませんwwwww
ステージに用意されていた学園の門を潜ろうとするんですが、正に出ようとした直前に学園長登場!

学「2人で大丈夫かのう?」
土「お任せ下さい!!」
学「いやいや、2人では心細かろう!人数は多いに越した事はないじゃろう!?」
 →おもむろに膝の屈伸運動を始める学園長
土「助っ人ですか!?それはぁ………どちらに!?」
 →わざと学園長から視線を逸らす
学「それはもうとっても頼もしい人じゃ!!」
 →それっぽいポーズを決める学園長
土「そんなに頼もしいとは……一体!!?」
 →わざとry
学「土井先生、アンタわざとやってるでしょう?」

いやいや、もうね、迫学園長の学園長っぷりがホント大好き♪
いつも楽しませて頂き、誠にありがとうございます♪

土「いやいや、移動中に足手まといになったりとか、突然の思い付きで迷惑バッカリ掛けさせられるとか、」
山・土『そんな事を言っているのでは、ありません!!!』

もうホント、先生達のクオリティも素敵過ぎます!!!!
ありがとうございます♪
まぁね、この後結局土井先生が学園長に丸め込まれて学園長もご一緒するんですが……

学「明日の定食のおかず、食堂のおばちゃんに頼んで、かまぼk」
土「学園長センセー!!!はははははは!!宜しくお願いします!!!」ペコリ
山「え、………えぇ~~~~~~!!!!??」
学「ほら、山田先生アレですよ!」
土「ソレです!!」

という、やり取りをしながら退場wwwww凄い大好きですここのシーン☆
先生達の場面はホント安心して観ていられるのでもっと見せて下さい!!
学園長のアドリブももっと見せて下さいwwwww


・仲間割れ……?
先生達の退場と入れ替わりに久々知が学園に戻って来ました。
六年生とバッタリで竹谷の状況報告を済ませると、場所は何処だと聞かれる。

仙「西の山の砦」
留「仙蔵、お前知っていたのか」
仙「心当たりはあった」
留「何故黙っていた!!?」
仙「助けに行くのを禁じられている我々には知る必要がない事」

おおっと、険悪ムードwwww
所で何で、竹谷君は場所を知っていたのかが知りたい。うん今でも疑問に思うんですよね。
仙蔵はあれでしょ?冒頭の厳禁のアレで知ってた感じでしょ??

この後、アルバイト組が先陣切って一年生救出に飛び出し、は組も後を追う様に学園を飛び出す。

留「お前の御託はもういい。この冷血漢が」

こういう台詞言わせると凄い様になってしまう前内さん素敵です★
さすが、第一印象で怖がられてるだけありますwwwww(←松田文次郎・前山長次談)
残ったのは久々知と仙蔵。

久「先輩、僕も助けに行きたいです!!」
仙「よし。だが私の指示には絶対に従え」
久「え?先輩も助けに行かれるんですが?」
仙「当たり前だ」

この台詞部分が、初見では笑ってしまったwwwwなんでですかね?
他の方々も笑ってたんですが、何で?って聞かれると答えにくい……でも笑ったwwwww

久「でもなんだか、みんなを行かせたくないような……」
仙「もっと段取りを相談してから行きたかっただけだ」

お優しい仙蔵先輩素敵ですよ。そして久々知と共に退場して行く。


・山賊砦
2人が退場すると中段の幕が締まり、何やら重々しいBGMが流れ始めます。

♪えっほ えっほ えっほ えっほ♪

ちょ!待って!!何これ超カッコイイ☆ドクタケ&山賊さんのこの歌めっさカッコイイ☆
いきなり惚れました♪山賊さんもカッコいいしドクタケさん達も良い声だし♪
ちなみに豊さんをついつい目で追ってしまいますwwwwだってね、みんながポーズ決めるシーンで一人だけ直立不動な格好でwwwwwwそれを最初に見付けた時には色々口から吹き出しました周りにいた方ほんとすんませんwwwww
ここも、安心のドクタケクオリティ☆←良い意味で

歌い終わると思いっきり歌い過ぎた~と言い、ドクタケ忍者隊に運ばれて行く八方斎がまたwwww
「急いで保健室連れてって!」「お疲れ様です!!」
そんな風にお頭に言ってたのはドクタケ伍の中村さんかな??
歌の終わりと同時に再び幕が開くと、山賊砦に用意されていた牢屋と縄で縛られた一年生4人。
残ったのは山賊一号とドクタケ伍と陸、つまり中村さんと豊さん。
会話の途中で……(若干省略してますが↓)

賊「まさか、捕まえたガキがお前達ドクタケの知り合いだったとはなぁ」
乱「そういう事なんで、見逃してくれませんか?」
伍「ダメだ」
き「ちぇ~……ケチ!」
豊「お前にだけは言われたくない!!」

きり丸にだけは言われたくない台詞、ですなぁwwwww

豊「忍術学園には今まで散々煮え湯を飲まされてきましたからね!」
伍「良くて拷問悪けりゃキュッドンッバンッヒュッ!!!

首切って打ちつけられて蹴っ飛ばされて「バイバイキ~ン」という流れの表現素晴らしかったですwwww
そして山賊に命令されて横一列に並ばされる乱太郎たち。もれなくドクタケ伍&陸も隣で並んでたけどねwww
一緒に並ぼうとするそのクオリティは紛れもなくドクタケさん達ですwwwww

手が滑ったと言って乱太郎達の縄を切って逃がしてしまう。
何やってんだ~~!!と豊さんが後を追いかけようと山賊の前を通り過ぎる際に再び手が滑って、豊さんの衣装を切り裂いてしまうとwwwww中から可愛らしい猫っぽいTシャツが見えるんですがwwwww

豊「何するんだ!!……(服が着られているのを確認して)わ~!!(なよっとした声色でwwww)」

隠しきれないくせに手で隠そうとする仕草がwwww凄く女性っぽくなっちゃってwwww
何だろうこの人、可愛すぎるwwwwwwwその後もオネェっぽい仕草で大人しくなっちゃってビクビクしているのがまたwwwwwww
その後、逃げ出した乱太郎達を連れ戻す為に、ドクタケ伍が懐から銭袋を取り出して……
うん、まぁ、きり丸の持病で……

─チャリ~ン─
き「こぉ~~~~ぜぇ~~~~~~にぃ~~~~~~~!!!!!」

で、戻って来ちゃうとwwwwww
この時のきり丸の声が、正にアニメの田中真弓さんがやってた「こ~ぜ~に~!!」そのもので!!
こんな子役でもちゃんと研究してるんだな~って感心してしまったwwww
そのまま小銭で誘導されて、きり丸を止めようとした3人も一緒に牢屋の中に入れられてしまいましたwww
入って鍵を閉める際に……

伍「ごゆっくりどうぞ♪」 / 伍「新規4名様入ります」

等などwwww中村さんのアドリブ大好き♪
牢屋に入れた後、中村さんは豊さんと退場するんですが……

伍「八方斎様に報告、行く??」
豊「(無言で頷く)」
 →退場する前に山賊に向かって……
豊「バカァ!!!!!!」
伍「ほら新しい服用意してもらおう!!ね??」

なんだこの人たち可愛すぎるwwwwww←
この後山賊と乱太郎達が言葉を交わすんですが、さり気なく山賊一号さんは戦災孤児で生き残った人間と言う事をばらし、あぁ、これはきり丸に関するフラグだな~と思いつつ、そして……
喜三太のナメ壺からナメクジを一匹取り出して………パクリッ!!!

wwwwwwwwwwwwwwww

そらもうね、何て言う現象が起きたのかとwwwwwww
その後、冷静に乱太郎がナメクジは食べたらあかんよ!という説明臭い台詞を言いつつ、山賊さん退場。
そして始まる、盛大なるナメクジバラードwwwww
喜三太の明日翔くんの歌声が物凄いキレイ!!!伊作曰く「声を抱きしめたい!!」に大いに納得!!
この子の将来も凄い楽しみ♪
しかし、尼子先生も仰ってたけど………ナメクジ一匹に対して壮大過ぎるバラードwwwww


歌が終わると、再びドクタケさん登場。この際に遂に自らツッコミをwwwww

ド「♪俺達山賊~♪(←さっきの歌)……あれ?俺達、ドクタケじゃね!!?

今気付いたの!?的なwwwwwwwしかも「まぁいっか!」って、軽い!!ちょっと軽過ぎるwwww
殿が泣き崩れるよその軽さだと!!!……でもそんな軟ではないねあの人もwwww
一通り一人ツッコミを済ませた後に、罠に掛かってドクタケ忍者隊に引っ張られて連れて来られた、竹谷君。
一年生と一緒に牢にぶち込まれます。

伍「新規一名様入ります」 / 伍「壱名様ご案内~」

ほんともう!中村さん大好き!!!!(笑)
ドクタケのどの人だったか分からないのですが(風鬼かな?)、五年生である竹谷が六年と比べて実力不足みたいな話をして……

竹「そんなに五年と六年が違うって言うのかよ!!!」
ド「はい!」

と突っ込むんですが……ね、この時の竹谷コージの悔し演技が物凄く好きでした………
で、はい!と突っ込んだドクタケさんがその時に目を合わせた人物が竹谷ではなく隣にいたしんべヱで、ちょっとビックリ演技をした後に、まるでしんべヱを猫のように顎をナデナデしてゴロゴロさせていたのが物凄くウケましてwwwww多分17日か20日からその行動を拝む度に抱腹絶倒を堪えていた自分wwwww

忍ミュ状況説明09
こんなイメージwwwwww右側の2人に色々持ってかれましたwwww
このドクタケの流れが少々曖昧なのですが、山賊一号が一度乱太郎達を逃がした事に付いて八方斎が問い詰めるんですが

山「別に」
風「別にってお前お頭に対して失礼な!!」
 →わざわざ八方斎を突き飛ばしながら山賊に抗議する風鬼
 →八方斎お得意の後ろ反り
 →ドクタケ一同で支える

この後もう一つ山賊に質問するんですが、一寸記憶が……

山「さぁな」(多分こんな受け答え)
風「さぁなってお前ちょっとあまりにも失れ……」
 →再び八方斎を突き飛ばして山賊に抗議
風「ちょっと近い近い近いチューしちゃうチューしちゃう!!しちゃうから近い!!」
 →ドクタケ皆で風鬼を押せ押せで山賊と顔が超近いwww

このアドリブ含む演出が凄い好きでwwww確かに顔近かったwwww
むしろチューしちゃえこの場の勢いで!!!と何度思った事かwwwwwwでもどうやら千秋楽ではやったらしいね!?観てみたかったかもwwwwwww山賊さんどんな反応したんだかwwwww翁長さんの役でのクールビューティーがどんな風になったのか是非見てみたかったwwwwww

その後、八方斎の鶴の一声?で落ち着きを取り戻す。乱太郎が八方斎に……

乱「やい!ドクタケ忍者隊首領 稗田八方斎!こんな所に砦を作って何を企んでいるんだ!!!」
稗「丁寧な紹介、ありがとうね!戦の準備に決まっておろう!」

乱太郎可愛い♪めちゃくちゃ可愛い♪弟に欲しいね!?うちの子にその可愛さを分けてやってくれwww戦の準備をして学園を攻めると八方斎が口にして八方斎と山賊以外が『えぇ!?』っと驚いてからドクタケ&山賊退場。

ステージは次の場面へ。


・華麗に登場☆皆の利吉さん♪
軽快な音楽と共にドクタケ衣装に身を包んだ利吉さんの登場☆
軽やかに歌って踊って客席を魅了☆……と、下段でドクタケ利吉が踊っていると、照明の暗いステージ中段で私服の利吉さんも登場!!?
歌っているドクタケ姿が本物で、中段の私服が回想というか、そういう表現で現れたもう一人のアクロバット利吉さん!!影の利吉を演じたのは元々ドクタケを演じている方です。でもアクロバットが素晴らしかったです♪基本的に影の利吉さんは正面は向かずずっと後ろ姿でした。まぁでもそうですよねw

歌が終わると上手側からドクタケ伍&陸がやって来ます。
砦の周りに罠をいっぱい仕掛けてクッタクタ~という状況で、

伍「あんなちゃっちい罠に誰が掛かるんだろうね~」
陸「ね~……」
二人『あ、いたね~!?』
陸「あいつ何処で見付けたの!?」
伍「何か砦の近くの林の中だって。なんかどぉ~ても良いような罠に掛かってたって」

なんだこの2人wwwww凄く和むwwwwww
まぁ話の流れから、そのどぉ~でも良いような罠に掛かってたのは彼ですよねwwwww
薄々そう感じながら、ここで利吉が2人に声を掛ける!

利「あのぉ!!
2人『ぅおう!!びっくりした~』
利「す、すみません!」
伍「……お前!!!」
利「はい!?」
伍「何だその頭巾!!乱れてるぞ!!」
利「え?あ、すみません」
 →伍が利吉の頭巾を手直しする
陸「服装の乱れは心の乱れ。きちんとしようね!」(客席爆笑)
利「はい!すみません」
伍「うん!男前!」(アドリブ)
利「ありがとうございます!」(アドリブ返し)
伍「だけど、見ない顔だね?」
利「あ、はい。新人なもので!!」
伍「あぁ新人さんね」
陸「……新人んん!!?
利「え?」
陸「気を付けろよゴルゥア!!!」
利「すすすすみません!!」
伍「止めよ、ね、止めよ!また辞めちゃうから!!」(←←www)

ここまではいつも通りの流れ。若干アドリブ入ったりするけどね。
この後大体陸の豊さんが利吉にガン飛ばして終了なんですが、公演後半からは色々仕掛けて来ましてwwww


【20日昼公演のバヤイ】
陸「儀式を行う!」
利「え?儀式って何ですか!?」(←結構マジで聞いてる)
陸「手を出せ、左手」
利「え?はい」
 →左手をおずおずと差し出す
陸「ジョリジョリの刑」
 →そう言って利吉の左手に無精髭の顎をスリスリさせるwww
利「うわ~~~~ジョリジョリする!!うわうわ~~~~!!!!」(←多分マジ叫びw)
陸「お正月に来た親戚のおじさんを思い出すだろう!!」
利「………はい」

こんな内容でしたwwwww爆笑したwwwwwww


【22日昼公演のバヤイ】
陸「儀式を行う!」
利「何するんですか?」(←少し耐性付いた感じ)
陸「目を瞑れ!」
利「瞑りました」
 →ほっぺにチュウwwww
利「うわっうわ!!何だ!?何ですか!?」
陸「これからも頑張るように!!!」
伍「大丈夫?あれ?大丈夫?」
 →暫し、マジで放心状態の末野利吉

マジ爆笑wwwwwほんと豊さん楽し過ぎるwwwwww
私の観ていない公演では、座らされて足持たれて御開帳をやったらしいですwwwご本人が物凄い恥ずかしがっていたとの事wwwwですよねwwwwwwでも豊さんには敵いませんよね~wwwww

放心状態が少々とけた所で、台本の演技に入る利吉さんwwwが、頑張れ~~~!!!


豊さんに色々持ってかれた後に、擬言の術だっけ?なんだっけ?なんかそんな名前の術で敵陣を混乱させようと利吉さんが動くんですが……

利「怪しい奴がいたぞ~~~!!!」

と、大声で叫ぶと、再びさっきの2人組がよろよろと下手から現れるんですが……
この、頼りなさ気な空気がwwwww

陸「え、えぇ!?怪しいヤツ!?どこどこ!?」
伍「どこどこ!?怖いよちょっと一緒に行こうよ怖いよ!!」

なんだこの可愛いドクタケのお兄さん達wwwww
でも何処かホッとするドクタケクオリティは本当に素敵だと思ってます♪お子様も楽しめるドクタケさん、今後も是非私達に笑いを届けて下さいませ☆
この2人が掃けた後にもう一回利吉さんが「怪しい奴はこっちだぞーーー!!!」と言ってまた別のドクタケさんが通り過ぎて行くんですが、彼らが通り過ぎた後に六年は組の2人がやって来ます。


・合流(六は&眉目秀麗コンビ)
砦の城内が騒がしいと話し合いつつ、ふと視線を彼らの後ろに向ければ………
忍ミュ状況説明10
ちょwwwwwww眉目秀麗コンビのまさかのwwwww
そろ~……っと出て来て、留三郎さん達に気が付いて回れ右して同じポーズのまま退却wwwwww
めちゃくちゃ笑わせて頂きました♪もうね、ほんとにもう!!!!アニメや原作の彼らでは見られない貴重なシーンって事で目に焼き付けさせて頂きましたwwwwwww

そしてタイミングを見計らって六は&眉目秀麗コンビは合流。そして仙蔵の『虎穴に入らずんば虎児を得ず』作戦で動く事に。で、囮役のアレがねぇwwwwww

久「その役、僕にやらせて下さい!!」
留「いや、俺がやろう」
仙「いや、ここは私が」
久「僕にやらせてください!!!!」
留「俺がやる!!」
仙「私がやると言っているだろう!?」

……まぁ、オチは何となく読めましたけどねwwwwww
時々アドリブが入ると……

留「お前(久々知)は豆腐でも食ってろ!!」とか、

久「僕がやります!!」
仙「よし任せた!」
久「え!?」(←急なアドリブにビックリ)
留「とでも言うと思ったか!?」
という感じに色々遊んでましたね~wwwwww

で、オチを持って行くのは勿論………wwwww

 →仙と留が良い争いになり……
伊「一寸待ったストップストップ!!喧嘩してどうするんだよ!~略~囮役は僕がやるから!」
 →3名にっこり笑って
『宜しくお願いしま~す☆』
伊「……ヱ??」

ですよね~っていう、やっぱり良いとこ取りの伊さっくんでしたwwwwww
常備していた救急箱は留が預かり、ひょいひょいと囮役に無理やり?させられて敵と出くわす伊作www
お約束wwwww
ちょいちょいと体術でドクタケを交わして行く伊作を呼び止める仙蔵達。
そこには……第二弾再演で見たあの白い布wwwwwww

伊「……ナニソレ?」
留「伊作早く!」
仙「左足!!」
伊「左足??」
 →ちょいちょいっと準備して……
留「伊作!行ってこ~~~い!!!!」

忍ミュ状況説明11
羽ばたいた、伊作wwwwwww
もうね、鯛造くんの笑顔ったらなかったね!!?超爽やかに、手を振りながらステージ&客席上空を華麗に飛びましたよwwwww2回飛んでましたね。でも、あれは私もやってみたいwwwwwwww←←
私の中のあのシーンのイメージ。若干何かのフィルターも掛かっているようですwwwww

で、この後「ありがとう!」って爽やかに留達にお礼をした後に……

留「伊作!前習え!!!」
伊「はいっ!!!」
 →留と久々知が伊作の手に使用済みの包帯を取り付ける。
久「伊作先輩、頑張って下さいね!?」
伊「ヱ゛?」

留三郎の……ていうか前内さんのお得意の前習え!!!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
ってちょっと思ったりしたりしなかったりしたりwwwwww
しかし、伊作の鯛造君曰くオーディションの時には彼は小平太にストックされていた、と話していたように、鯛造さんはアクロバットが素晴らしいです☆伊作にしておくのはもったいないくらいの体術!!でもあの人のイメージは今では伊作以外には考えられませんねwwwww
彼の小平太は小柄なので桑野小平太に近い……それよりももっと小型犬な感じの小平太になっていたでしょう。
それはそれで、見てみたかったかもしれない………。

途中、くノ一が伊作の武器を声の出演のみで解説に入ります。この際にみんなが「え?え??」という感じで、戦っていた筈のドクタケさん達ともジェスチャーで「喋った?」「いやいや僕じゃない」「誰?誰なの?」的な会話をしておりましたwwww

で、その後予定通りに敵に捕まる伊作さん。
ドクタケさんに連れてかれてから留三郎達も後を追う。その際に久々知が

久「今くノ一の声、聞こえませんでした?」
仙「気にするな」
久「え??」

いやいや、気になります立花先輩wwwwwwそして次なる場面へ。


・合流 弐(鍛錬組)
いけどんギンギンもそもそ組の登場ですwwww登場からしてとっても賑やかwwww
いけどんとギンギンで蹴散らしてやる!!と意気込むも、もそもそさんにそれは賢明ではないと止められて

小「分かってる!いけいけどんどんに、騒ぎを起こさない~」
文「ギンギンに静かにする~~~」
長「……………」
小「何してる!!!」
文「ツッコミ所だろ!?」
長「そんな事言われても……」


wwwwwwwwww
確かこれ、ドラマCDネタでしたっけ??ドラマCDは全部買ってるけど、最初の奴はただ今ホームステイ中で別の人の所にあるので確認取れないのですが……忍たま声優陣でも聞いた記憶がwwww
ホントもう!忍たまの小ネタがいっぱいで嬉しい限りです♪ありがとうございます♪
あと別の日には、小平太が俯き顔で変顔をしていたらしく(多分小平太の目の前くらいの席じゃないと分からないよね;)、長次が「何だその顔!!」って突っ込んでる日もありました。

わいわいしてると、逆方面からドクタケと縛られて連れてかれる伊作と遭遇。
どうしてこうなった!?と思いつつ、作戦とも知らずに伊作救出に腕を鳴らす小平太&文次郎。長次は相手の隙を見て伊作の方へ回り込む。この時の小平太が……

小「おう!てめぇら!そいつを置いて行きやがれぃ!!!」

歌舞伎役者口調wwwww
文次郎はずっとファインティングスタイルでぴょんぴょんしてたwwwwwちょっと可愛い♪
今助けてやる~と言われても、捕まったのが作戦の内なのでずっと違う違うと首を振るも相手には通じず、モンジとコヘの一撃必殺でドクタケノックアウト☆そして………

小&文『グッジョブッ!!!!`▽)b☆d(▽´』

アwニwメwwwむしろアニメが逆輸入ですねwwwwこの演出は忍ミュ第一弾再演から来たんでしたっけね?
ホントもう小ネタが……小ネタがオイシイよ……
そんでもって伊作の猿ぐつわを外すといきなり怒られる3人。

伊「何てことしてくれたんだ!!!」
小「どうしたんだ伊作……」
 →鍛錬組、閃いたように手を叩く
小&文&長『ツンデレ!!!!』
伊「違~~~~う!!!!」

ツ w ン w デ w レ w
めちゃくちゃ笑ったけどねwwwwこの後先に合流していた留三郎達も出て来てこの状況についての説明をする。

仙「全く、お前達は余計な事を……」
文「何だと!!?」
 →そう言い放ってから仙蔵達にのっしのっしと喧嘩腰の肩で歩み寄る
仙「伊作にワザと捕まってもらって敵陣を案内してもらおうとしていたのだ」(←多分こんな感じの台詞)
 →すると振り返って鍛錬組に向かって……
文「ほらな!」
 →さも最初から作戦分かってた風に言い放つ
全員『文次郎!!』
 →その後近くの壁に頭をガンガン打ち付ける文次郎

文次郎の変わり身の早さと言ったらwwwwwww
そんな松田文次郎大好きです♪そして例の頭突きwwwwwそんな君が大好きだ!!!!!
文次郎が頭突きをしている間に小平太と長次が

小「まぁそういう事なら……」
伊「ん?」
  →再び伊作に猿ぐつわをさせ
小「怪しい奴がここにいるぞ~~~!!!」
他『!!!??』
小「お前達(仙・留・久々知)はその辺に隠れてろ!」
 →ドクタケ参上
小「やや!もう戻って来やがった!!」(棒読み)
文「やややや人数が増えてやがる~」(棒読み&変なイントネーション)
長「……本の返却、早い目に」
小「意味分からんから!!!」
 →小平太達3名退却
 →伊作がくしゃみ一つ
ド「また会ったね!」

そんな感じで、再び捕まる伊作先輩wwww
というか、ワザと敵をおびき寄せてビビった振りをする小平太と文次郎に毎回色んな物を持って行かれるのが楽しみで仕方がなかったですwwww挙動不審っぽい動きをする文次郎が……www兎に角この一連の流れで一番文次郎が私のツボを突いて来ましたwwwwwありがとう松田君!!!!
ちなみに、このドクタケ再登場の流れでドクタケ伍の中村さんが……

伍「アンタなんか捕まえたって嬉しくなんかないんだからね!!……そりゃちょっとは嬉しいけど……」

このアドリブは最初は無かったですけど、いつからか出て来てましたwwwwww
少し前の鍛錬組の『ツンデレ!!』ツッコミから来たアドリブwwwwほんとありがとう!!!!
そして再びドクタケに連れてかれた伊作を追って、まずは眉目秀麗&留がステージを上手から下手へ走り抜け、その後、鍛錬組なんですがwwwww先の3名の少し後ろから追いかけるようにして、ステージを上手から全速力で走ってましたねwwwwwその、必死さがwwwwww物凄く笑いを誘うツボでしたwwwwww

ちなみに、この走り去る際にも若干のアドリブが……

≫16日
長次・文次郎・小平太の順で上手側から飛び出して来るが、舞台ど真ん中で長次がコける!!
そのまま2人に踏まれて文次郎は退却。小平太も一度退却するも、戻って来て上半身だけ起き上がる。
暫く見つめ合ってから……
小「行くぞ!!!」
……無言だったかもしれないwwww

≫17日(20日だっけ?)
同じ順番で出て来たら、長次だけ一瞬上手側の客席通路へ走り込んで来て
文「長次!!そっちじゃない!!」
と突っ込まれて軌道修正して戻って行きましたwwwww

これを、きっと舞台裏で相談してたりしたら可愛いなぁ~なんて思ってしまうwwwwwww
とりあえず仲の良い鍛錬組見ているのがとても可愛くて大好きです♪





今回はここまで!!!
この次のシーンは……観客サービスのアレ☆
絶対見えないあの着物の裾はどうなっているのか誰か解説して下さい!!!←

と言う訳で、忍ミュレポ其の弐でした!!!
まだまだ続きます!!!!!
【編集】 |  18:57 |  忍たま・落乱  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Tracback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。